目立ち始めたシミのケアにプロテオグリカン化粧品の色素沈着改善作用が期待大!

プロテオグリカン化粧品で素肌に革命!どこよりも詳しいプロテオグリカン情報おまとめサイト
効果効能 オススメ化粧品 基礎知識

プロテオグリカン 化粧品 TOP > プロテオグリカン化粧品驚きの保湿力が肌にもたらす効果・効能とは?美容成分としての働きを詳しく解説! > 目立ち始めたシミのケアにプロテオグリカン化粧品の色素沈着改善作用が期待大!

目立ち始めたシミのケアにプロテオグリカン化粧品の色素沈着改善作用が期待大!

シミの種類とそれぞれに有効な対策

シミの種類とそれぞれに有効な対策

ひとくちにシミと言っても、さまざまなタイプがあります。主に4つのタイプがあり、老人性色素斑タイプ、肝斑タイプ、炎症後色素沈着タイプ、雀卵斑タイプとわかれています。それぞれのシミの特徴や治療法などを見ていきましょう。

老人性色素斑タイプ
老人性、という名前から年をとった時にできるシミだと思われている方が多いのですが、年齢に関係なくできるシミです。シミの元メラニンは、お肌に日々蓄積されていきます。こうして長い年月をかけてどんどん蓄積されていき、過剰に溜まってしまったメラニンがシミとなって表面にあらわれた状態が老人性色素斑になります。早い方だと20代のうちから出現するので、普段から紫外線防止のケアや、紫外線にあたってしまった後のケアはしっかりとしておき、シミがあらわれないように予防しておかなければなりません。シミの形は大きな楕円形であらわれることが多いです。
肝斑タイプ
肝斑は女性ホルモンの変化で起きるものです。経口避妊薬やホルモン療法、妊娠などでホルモンバランスが変わったときにあらわれやすいとされています。形はあいまいで境界線がはっきりとしていないのが特徴で、ぼやっとした大きなシミのようなものが左右対称にあらわれます。お肌のお手入時には、強くこするなどの刺激を与えることはしないようにするのが鉄則です。紫外線対策はもちろんのこと、肝斑の治療薬なども取り入れていくと良いでしょう。
炎症後色素沈着タイプ
ニキビや傷によってお肌に炎症が起きたあと、色素沈着してシミになってしまうのが炎症後色素沈着タイプのシミです。どの年代でもできるのですが、ターンオーバーが正常に機能していればだいたい1~2年ほどで薄くなってくるのですが、乱れてしまっているとシミの治りも遅くなってしまったり、そのまま残ってしまうのが特徴です。普段から紫外線防止のケアなどをしっかりと行い、肌トラブルは早めに対処することなどが重要です。タオルなどの摩擦によってもシミになってしまうことがあるので、洗う時には優しく擦らないように注意しましょう。
雀卵斑タイプ
雀卵斑(じゃくらんはん)は、いわゆるそばかすのことです。鼻のあたりから頬骨のあたりにかけて小さなシミが点々と広がっている状態をそばかすと言います。先天的なもの、後天的なものがありますが、どちらも日頃のお手入れに紫外線対策のケアを取り入れることが大切です。先天的なそばかすは、思春期あたりになると一気に増えることが多く、後天的なものはストレスやミネラル不足が原因で一気に増えると言われています。そばかすの大きな原因のひとつに活性酸素が指摘されているので、発生した活性酸素を除去するビタミンCなどを積極的に取り入れて予防していきましょう。

プロテオグリカンはシミにどう作用するの?

プロテオグリカンはシミにどう作用するの?

プロテオグリカンには優れた保湿効果のほか、美白作用やターンオーバー正常化の作用があります。あらゆる肌トラブルをすべて「保湿」で解決できる?では、保湿が肌トラブルを解決できる仕組みについて触れてきましたが、すべての肌トラブルの解決の鍵を握っているのは正常なターンオーバーにあります。例えば日焼けをしてしばらくすると色が元に戻っていますが、これはターンオーバーによってお肌が正常な状態に生まれ変わっているからなのです。もしターンオーバーが乱れていると、日焼けのあとがいつまでも残っていたり、そのままシミとなってしまったり、なかなか元の綺麗な状態に戻ることができません。シミも同じ仕組みなので、お肌にある不要なものがどんどん排出されていかないと蓄積してしまいシミとなってあらわれてしまうのです。プロテオグリカンにはターンオーバー正常化の作用があるので、普段のケアに取り入れていくことで、こうしたシミや根本原因であるターンオーバーを正常に整えることができます。またターンオーバーの機能を整えるには保湿が必要なので、優れた保水力を持つプロテオグリカンはシミ対策や改善に最適な成分だと言えるのです。

time

▲ このページの先頭へ