プロテオグリカン化粧品驚きの保湿力が肌にもたらす効果・効能とは?美容成分としての働きを詳しく解説!

プロテオグリカン化粧品で素肌に革命!どこよりも詳しいプロテオグリカン情報おまとめサイト
効果効能 オススメ化粧品 基礎知識

プロテオグリカン 化粧品 TOP > プロテオグリカン化粧品驚きの保湿力が肌にもたらす効果・効能とは?美容成分としての働きを詳しく解説!

プロテオグリカン化粧品驚きの保湿力が肌にもたらす効果・効能とは?美容成分としての働きを詳しく解説!

プロテオグリカンとヒアルロン酸の違い

プロテオグリカンとヒアルロン酸の違い

プロテオグリカンとヒアルロン酸は、どちらにも優れた保湿力があります。他にはどんな違いがあるのか、それぞれの成分の作用を比較してみましょう。

プロテオグリカン
  • 分子量が小さく浸透しやすい
  • 高い保湿力、ターンオーバー正常化、ハリ・弾力、シミ・くすみに作用する
  • 胃で溶けずに腸まで届く
  • コラーゲン、ヒアルロン酸の産生を促進する
ヒアルロン酸
  • 分子量が大きめなのでなかなか浸透しない
  • 保湿力に優れている
  • 手軽に入手しやすい

保湿力に関してはどちらも優れているのですが、分子量の影響で肌への浸透力などにかなりの差があります。また、プロテオグリカンはあらゆるエイジングサインに対して力を発揮できる優れた成分だと言えます。口コミなどでこの二つの成分の浸透力を比較実験した様子が書かれていたりしますが、プロテオグリカンは素早く吸収されていくのに対し、ヒアルロン酸は分子量が大きいため時間が経っても吸収していかない結果が確認できました。

プロテオグリカンとヒアルロン酸の相乗効果

プロテオグリカンとヒアルロン酸には、お互いの持つ作用をより高めあう効果があります。どちらも優れた保湿力を持っていることで知られていますが、プロテオグリカンにはヒアルロン酸の生産を高める作用があるので、一緒に使うことでより保湿力を実感することができます。ヒアルロン酸は真皮のハリや弾力をキープするためには欠かせない存在ですが、プロテオグリカンとの相乗効果でその効果もぐんとアップします。乾燥だけならヒアルロン酸だけでもいいのでは?という声もありますが、プロテオグリカンを一緒に使えばヒアルロン酸単体でケアするよりも遥かに保湿力もあがりますし、プロテオグリカンが持つさまざまな作用も実感できるので、使うなら両方一緒に使うことがおすすめです。

あらゆる肌トラブルをすべて「保湿」で解決できる?

あらゆる肌トラブルをすべて「保湿」で解決できる?

保湿を正しく行うことで、さまざまな肌トラブルを解決することができます。保湿と言っても、ただ化粧品を重ねて塗れば良いというわけではありません。正しい順序や下準備、適量を守るなどが保湿の鍵となっています。保湿でいったいどんな肌トラブルが解決できるのかと言うと、乾燥、ニキビ、ハリ・弾力不足、ターンオーバーの乱れ、肌質の改善、くすみの改善などが挙げられます。どの悩みの根本的な原因は保湿不足なので、保湿がしっかりできていないとまずは乾燥が起きターンオーバーが乱れます。そうするとシワ、シミ、ハリ・弾力不足、ニキビなどの肌あれ、くすみなどさまざまな悩みが起きてしまうという仕組みになっています。シミやくすみのお悩みに対して保湿が良いのか?と思う方もいらっしゃいますが、ターンオーバーが正常に機能していることでメラニン色素の生成をきちんと抑えてくれるのです。どんな肌悩みも保湿が鍵となっていますので、まずは正しい保湿を心がけるようにしましょう。

time

▲ このページの先頭へ