プロテオグリカン化粧品の種類と選び方

プロテオグリカン化粧品で素肌に革命!どこよりも詳しいプロテオグリカン情報おまとめサイト
効果効能 オススメ化粧品 基礎知識

プロテオグリカン 化粧品 TOP > プロテオグリカンとは?お肌にある成分としての働きを詳しく解説! > プロテオグリカン化粧品の種類と選び方

プロテオグリカン化粧品の種類と選び方

肌悩みが多い人は「配合タイプ」がおすすめ

肌悩みが多い人は「配合タイプ」がおすすめ

お肌のエイジングで悩んでいる方の救世主プロテオグリカンの化粧品は、配合タイプと原液タイプの2種類があります。配合タイプは、今までプロテオグリカンを使ったことがない方や、お肌があまり強くない方におすすめできます。また、使ったことがある方でも、プロテオグリカンだけの効果ではなくさまざまな効果を得たいというときにおすすめです。化粧水や美容液に配合されていることが多いので、いきなり原液に挑戦するよりまずは配合タイプで試してから原液タイプにシフトしていくのがお肌にとっては優しい使い方となります。プロテオグリカンの効果は保湿がメインになりますが、配合タイプは、ニキビ跡やシミ、くすみをケアする抗炎症効果やエイジングケアができる成分が配合されているものもあるので、肌悩みに合わせて選ぶことができるのでおすすめです。

コラーゲンやヒアルロン酸が配合されているものを選ぶ

プロテオグリカンには、コラーゲンとヒアルロン酸の働きや生産を促す作用があります。もともとお肌にある成分をさらに表面から浸透させ、プロテオグリカンの持つ作用でその働きや生産性を高めていけるというシステム。エイジングケアには欠かせない保湿やお肌のハリツヤには、この一連の働きがポイントとなります。配合タイプは、いつものケアにいくつものケアをプラスすることなく、普段通りまたは一回でケアが完了するところも選ぶときのポイントとなります。化粧水や美容液に配合されているものもあれば、オールインワンタイプになっているものもあるので、使い心地や口コミをよく見て自分のケアタイプに合ったものを選ぶようにしましょう。また、化粧品でコラーゲンやヒアルロン酸を補うことと、それらの産生をサポートすることの両方を行うことでより理想のお肌に近づくことができるでしょう。

原液100%の化粧品には配合率に定義がない?

原液100%の化粧品には配合率に定義がない?

プロテオグリカン100%原液タイプの化粧品は、さぞかし効果もすごいんだろうなと考えている方も多いでしょう。原液タイプは、メインで配合されている原料がプロテオグリカンの一種類のみであり、その他の水などの成分が配合されていても100%原液という扱いとなっています。ここで注意したいのは、その他の配合物の濃度です。この濃度はどれくらい配合していると100%原液タイプなのか?とという明確な基準がないため、メーカー独自の配合量となっているのです。コストに重きをおいている場合だと、その他の水などを多くして主原料を少なくするという方法をとっている化粧品もあります。これではなかなか期待していたお肌には近づけません。一般的に見て、価格が妙に安い化粧品などはその他の成分の方が多く使われている可能性があるため、避けたほうがよいでしょう。

time

▲ このページの先頭へ