プロテオグリカンとは?お肌にある成分としての働きを詳しく解説!

プロテオグリカン化粧品で素肌に革命!どこよりも詳しいプロテオグリカン情報おまとめサイト
効果効能 オススメ化粧品 基礎知識

プロテオグリカン 化粧品 TOP > プロテオグリカンとは?お肌にある成分としての働きを詳しく解説!

プロテオグリカンとは?お肌にある成分としての働きを詳しく解説!

お肌の仕組みを知ろう!

お肌の仕組みを知ろう!

エイジングサインの代表格、たるみやシワなど、多くの悩みのもとは真皮という部分にあらわれます。お肌の中は、表皮、真皮、皮下組織が重なり合った構造をしていて、ちょうど真ん中にある真皮の大部分はコラーゲンでできており、ヒアルロン酸が水分バランスをキープしながらその隙間を埋めています。ここにエラスチンが加わることでお肌にさらなる弾力が生まれるという仕組みになっています。この3つのタンパク質がバランスよくキープされていないと、たるみやシワができてしまうので、日々のケアは念入りに行うことが大切です。真皮の仕組みは、エイジングケアをするなら知っておきたいことのひとつと言えるでしょう。

コラーゲンの役割

真皮の大部分を占めるコラーゲンは、プロテオグリカン・コラーゲン・非コラーゲン性糖タンパク質で形成されている細胞マトリックスの強度を高める役割をしています。細胞マトリックスの構成成分の中でも、最も多くを占めているコラーゲンの構造は三重の螺旋状で、加熱によって溶けるという特徴を持っています。お料理で使うゼラチンをイメージするとわかりやすいでしょう。また、コラーゲンはさまざまな体内の物質や細胞などとの架け橋の役割も果たしており、お肌にはもちろんのこと、生体にとって欠かせない存在となっています。

ヒアルロン酸の役割

細胞マトリックスに柔軟性を与える役割をしているのが、化粧品などにもよく配合されているヒアルロン酸です。グリコサミノグリカンの一種で、多くの水分を保持できる作用があるため、お肌のハリや保湿を保っていられるのはヒアルロン酸のおかげなのです。ヒアルロン酸は、年齢とともに減少していくことがわかっており、80歳になると20歳のときの6分の1の量が減ってしまいます。またヒアルロン酸の役割として、関節などに柔軟性やしなやかさを与え滑りをよくする作用もあるため、関節の疾患などの治療薬としても使われています。

プロテオグリカンの役割

プロテオグリカンの役割

プロテオグリカンは、細胞外マトリックスを形成している成分のひとつです。同じく形成している成分のひとつであるコラーゲンやヒアルロン酸と同等、またはそれよりも優れた保水力を持っているという特徴があります。お肌のエイジングには欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸の促進作用もあることから、近年では化粧品に配合されているものも見かけるようになってきました。紫外線からのダメージを修復したり、ターンオーバーを正常にしたりと、お肌にとっての救世主とも言える成分です。また、お肌以外にも関節の疾患予防や改善にも効果があるとされています。

time

▲ このページの先頭へ